Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

ロンドンに着いてから部屋を契約するまで【イギリスに引っ越しました】

先月の10月初めに東京を発ってから早一ヶ月。

少しずつロンドンの生活にも慣れてきました。

今回は部屋探しについてまとめます。

最初は出国前にAirbnbで予約しておいたゾーン2 Northen Line Archwayにある家にホームステイ

ロンドン到着の日から7日間はAirbnbで部屋を借りて生活することにしていました。

成田発アブダビ経由でヒースロー空港に降り立ったわけですが、フライトで到着日が出発日と一日ずれることに気付かずAirbnbで成田から発つ日から予約してしまっていてヒースローに到着早々Wifiに繋げたらAirbnbのホストの方からすごい数の連絡が…。

すぐに事情を説明して急いで家まで向かうことに。

最寄り駅はNorthen Lineが通っているArchway Stationというところ。

バスも結構走っているし交通の便の良いところでした。

食事は基本外食。

一応家なのでキッチンはあったんですけど、やっぱりいろいろ気をつかうし。

三階建ての建物の三階が私の部屋でスーツケースを広げて荷物を出し入れしたりするのにはちょっと狭かったけど、良い部屋でした。

泊まる場所がなくなる三日前くらいに慌ててBooking.comで予約したゾーン2 Central LineにあるSafestay London Hollandというホステルに滞在

そもそも当初の予定では最初の7日間のうちに家探しをして契約まで行う予定だったんですが、そう上手くも行かず。

次はBooking.comで見つけたホステルで生活することになります。

最寄り駅はCentral Lineが通っているHolland Park Stationというところで、でっかい公園のなかにホステルがあるという雰囲気は最高の場所でした。

ここはキッチンなどそういうスペースは設けられていなかったので完全外食に。

部屋は15人部屋で三段ベッドが5つあるような部屋だったけどベッドのまわりにカーテンがあってそれを閉めれば完全プライベートな空間にできてベッドのなかには照明やコンセントもついていたので思ったより快適でした。

いま現在は部屋を契約してそこに住んでます。

ロンドンでワーホリといえばSpareroomとかmixbで家探しをするのが一般的。

結論から言うと私はいまmixbで見つけた部屋に住んでいます。

結局ロンドンに着いてから部屋を借りるまでに要した期間は10日間くらいで思ってたよりもあっさり決まりました。

多少妥協した点もあるので最初からこだわっていきたい方はもう少し時間がかかるかもしれないです。

本当はSpareroomで部屋を見つけて完全海外環境で生活したかったんですが物件探しからメッセージのやりとり、内見にこぎつけるまでのプロセスが思った以上に時間がかかる作業で、毎日外食したり一日単位で宿泊費がかさむホステル住まいとしてはさっさと部屋を借りてしまいたかったのが本音です。

そんななかmixbで見つけた物件に内見しに行った際、良い感じの部屋に出会ったのでその場で即入居を決めました。

いろんな地域に住んでみたいので次の契約更新の際は更新せずSpareroomで部屋を探して新しい環境で生活してみたいです。