ジョン・レノンとヨーコ・オノが出会ったインディカ・ギャラリー跡に行ってみた

名前は違いますが今もこの場所はギャラリーのようです。

というかこのあたり周辺は一見さんお断り的な雰囲気のある書店(実際そんなことないんだろうけど笑)があったり「White Cube Mason’s Yard」というなかなか近寄りがたい空気を発しているギャラリーがあったりとアート感がハンパじゃないです。ロンドンにはかれこれ一年以上住んでいますがこのエリアの存在は知りませんでした。ちょっとした小道を入っていく感じなので住所を調べて向かわないとなかなかたどり着きづらい場所にあります。逆に言うとちょっとした隠れ家的な雰囲気のあるエリアのように感じました。

インディカ・ギャラリーは「ジョンとヨーコが出会った場所」として有名ですが、インディカ・ギャラリーはそれ以前からビートルズと関わっていてそのきっかけを作ったのはポールです。

1965年にBetter Booksという書店の店長であったバリー・マイルズが詩の朗読会を開催し芸術家や詩人、映画監督など様々な人々が集まる会となりました。ここでバリー・マイルズは知人を介してジョン・ダンバー(カウンターカルチャーの立役者)と出会います。

今回の朗読会のようにカウンターカルチャーに関わる人たちが集える場所を作りたいという思いからバリー・マイルズとジョン・ダンバーがピーター・アッシャーから出資しを受けて「MAD(それぞれの名字の頭文字と取った)」という会社を立ち上げ書店兼画廊のIndica Books and Galleryを始めます。ピーター・アッシャーの紹介でポールはジョン・ダンバー、バリー・マイルズらと知り合い開店準備を手伝ったりしていました。(ポールとピーター・アッシャーについてはこちらで)

上記にある通り元々は書店と画廊が一緒だったのですが、1966年の夏に書店が他の場所に移転します。そしてある日ポールはジョンを誘いIndica Booksを訪れます。

ここでジョンはティモシー・リアリーの「The Phychedelic Experience」という本に出会います。元々ハーバード大学の教授でありカウンターカルチャーの中心人物の一人です。この本に影響を受けて生まれた曲が「Tomorrow never knows」です。この曲がビートルズにおけるサイケデリックな時代への幕開けとなります。この曲ではループテープという手法で録音がされているのですが、バリー・マイルズやピーター・アッシャーはこの録音を手伝ったりしています。こうしてジョンがバリー・マイルズ、ジョン・ダンバーと知り合います。

そしてジョンがジョン・ダンバーに誘われてインディカ・ギャラリーを訪れるのが1966年11月7日です。ここでヨーコと出会います。

部屋の中央に置かれた白い脚立を登って天井から吊るされたキャンパスを虫眼鏡でのぞくという作品「Ceiling Painting/Yes Painting」。ジョンは脚立の上に立ち虫眼鏡でそのキャンパスを見るとそこには小さく「YES」という簡潔で肯定的な文字があったと。この作品がきっかけとなりジョンはヨーコにDANDAN心魅かれていくわけなんですが。

ジョンとヨーコの出会いに関しては諸説あるようで。記事によって書いている内容がバラバラです。笑

まず出会った日。多くの記事で11月9日と書かれていますが11月7日が正しいようです。(長くなるから書かないけど8日説もあるみたい)というのもジョンはヨーコの個展「Unfinished Paintings and Objects」が開かれる前にインディカ・ギャラリーを訪れています。個展が始まったのは8日からだったのでその一日前で7日となるわけです。あと「二人が初めて出会った時ヨーコはジョンどころかビートルズさえも知らなかった」というのが話としてあるんですが、実は知っていたなんて話もあります。

この辺の話に関してはこちらの記事を読むと参考になると思います。

ultimateclassicrock.com

www.beatlesbible.com

まぁいずれにせよ運命的な出会いですよね。

6 Masons Yard, St. James’s, London SW1Y 6BU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です