Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

かつてポール・マッカートニーが住んでいたアッシャー邸を訪れる

当時ポールマッカートニーは女優のジェーンアッシャーと交際していて1963年末頃から1966年までジェーンの両親も住むこの家に住んでいました。

真ん中に写っている建物ですね。

地下はちょっとした音楽スタジオのような環境になっていたらしく、この場所で『I want to hold your hand』とかが生まれたそうです。

ポールはここで生活していた頃に才能がより開花したとよく言われます。

アルバム『Beatles For Sale』の時代、ビートルマニアのあまりにも熱狂ぶりにビートルズのメンバーたちは疲弊していました。

そして喧噪から逃れ静かな暮らしを求めたメンバーたちはロンドンから少し離れた郊外にあるサリーに移り住みます。

当時ジョンは妻シンシアと子供ジュリアンがいて、ジョージは恋人パティ・ボイドと交際中、リンゴは新婚でした。

しかしポールだけはロンドンに残ります。

この家の最上階に住んでいたポールのとなりにはジェーンの兄弟であり「Peter and Gordon」というデュオでミュージシャンとして活躍していたピーター・アッシャーが住んでいました。

ポールはこのピーターアッシャーを介してジョン・ダンバー、バリー・マイルズらと知り合います。(このあたりのことについて知りたい方はこちら)

ジョン・レノンとヨーコ・オノが出会ったインディカ・ギャラリー跡を訪れる

バリーマイルズは当時実験的な音楽を好んでいました。

刺激を求め好奇心旺盛だったポールはこのバリーマイルズに案内されて夜のロンドンの街を出歩くようになり、電子音楽やモダンクラシカルなど様々なジャンルのコンサートに行って新しい音楽と触れ合います。

そこで体験し得たものをメンバーで集まったときに共有していたそうです。

ロンドンで刺激に満ちた暮らしをするポールと郊外で静かな暮らしをする他のメンバーでは全く違う生活ですよね。

こうしてこの後1965年にアルバム『Rubber Soul』、翌年1966年にはアルバム『Revolver』が生まれます。

このあたりからポール作曲の曲がアルバムの多くを占めるようになっていきこの後ビートルズを牽引していきます。

ジョンが『I’m only sleeping』でベッドで横になっていたいと歌う一方で『Good day sunshine』を歌うポールが対照的で面白いです。

いやーポールかっこいいですね。自分も常に何事にも貪欲でありたいです。

57 Wimpole St, Marylebone, London W1G 8YW