Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

Revolutのデビッドカードを作ったよ【ドイツでの口座開設】

今回は口座開設の話。

ちなみにですが、イギリスでの口座開設については以前にこちらで書きました。

イギリスでの銀行の口座開設は本当に難しいのか。実際に作ってみて思ったこと

また、Monzoでも口座開設しました。

イギリスで口座開設したら「Monzo」でも作っておくのがおすすめ

ひと昔前だと海外での口座開設って大変だったと思うんですが、今はスマートバンクがあるので非常に簡単に開設できてしまいますね。

自分の場合イギリスではHSBCで口座開設しましたが、手続きが面倒なのでMonzoやRevolutなど簡単に作れるスマートバンクの口座しか持っていないという方も多いです。

ところで、今回新たにドイツでの生活が始まったということで、いつまでもポンドで決済するわけにもいかないのでユーロの口座を作ることに。

ドイツ発のスマートバングといえば、N26でしょうか。

実はもともとN26で口座開設しようと思っていました。

で、「どうせいずれは作るんだし、イギリスにいる間に作ってしまおう」と思いやろうとしたんですが、EU離脱に伴いN26がイギリスから撤退、作れなくなってしまいました。

そんなこんなで「じゃあ着いてからでいっか」となって今に至るわけですが、あらためていろいろと調べていたらこんな記事を発見。

参考 N26とRevolutで迷っている人へ。それぞれの銀行の手数料と機能を比較Le Quignon

参考にさせていただきました。

こちらにも書かれてある通り別に両方作ってもいいんですが、とりあえずまずは手続きもより簡単なRevolutで作ることに。

アプリダウンロード後、必須項目を入力したり身分証明となるものの写真をアップロード。

あとはカードを待つのみ。(この時点でアプリ上でデビッドカードの情報が見れるので入金してネットで決済などができます)

一週間から十日くらいでカードが届きます。

これ、もともと動画で見たことあって知っていたんですが、引っ張ると両サイドから開いて出てくる仕組みになっていてかっこいいんですよね。

手続きの簡単なRevolutですが、他にない特徴としてあげられるのが「複数の通貨を同一の口座に持てる」ということ。これってすごい。

また、セキュリティもしっかりしている気がします。

話は変わりますが、Revolutは日本にも上陸もしていて日本に住んでいる方でも持っている方がいるみたいですね。

海外旅行に行く時とかRevolutのカード一枚あったら重宝しそう。

おすすめです。

https://www.revolut.com/