コペンハーゲン中央図書館の中にあるコーヒーショップ「Democratic Coffee Bar」を訪れる

Prologでコーヒーを味わった後、次なる目的地へ。

コペンハーゲン・ミートパッキング地区にあるロースタリー・コーヒーショップ「Prolog Coffee Bar」に行ってみた

最寄駅はNørreport Station(ノーポート駅)。

コペンハーゲンの中心地で、そこから歩いて数分の距離にあります。

「Democratic Coffee Bar」というコーヒーショップ。

こちらも人気のお店です。

場所が面白いところにありまして、Københavns Hovedbibliotek(コペンハーゲン中央図書館、Copenhagen Main Library)という図書館の中にあるコーヒーショップなんです。

館内は開放的でおしゃれ空間。

大英図書館にある「Origin Coffee」でルワンダの豆を買う

Democratic Coffeeに来て驚いたのは置いてある豆。

「La Cabra」の豆が並んでいました。

自家焙煎だと思っていたんですが、今は違うのでしょうか。

La CabraはデンマークはAarhus(オーフス)拠点の有名ロースタリー、コーヒーショップ。

オーフスは首都コペンハーゲンの次に大きい都市。

ニューヨーク、バンコクと国外にも店舗を構えています。

La Cabraのコーヒーを飲むのは今回が初。

写真には写っていませんが、エスプレッソマシンはマルゾッコでした。

コペンハーゲンのコーヒーショップはマルゾッコ率高めな気がする。

というわけで、エスプレッソをオーダー。

今はブラジルの豆を使っているみたい。

チョコレートやアーモンドのしっかりとした味わいで非常に美味しかったです。

自分は時間がなかったのでテイクアウェイしましたが、図書館の雰囲気を楽しみつつ美味しいコーヒーを飲むというのも良いかもしれません。

【コペンハーゲン・屋内マーケット「Torvehallerne」】「Hallernes Smørrebrød」で絶品オープンサンドを食べる