Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

エックスサーバーからConoHa WINGに移行してみた

最近、レンタルサーバーをエックスサーバーからConoHa WING(コノハウィング)に移行してみました。

移行するにあたって、特に何か理由があってというわけではないんですが。

ここ最近ConoHa WINGの「とにかく早い」という噂はたくさん耳に入ってきていました。また昔から拝見していていろいろと参考にもさせていただいているブロガーの方がConoHa WINGをおすすめしているということで昔から気になってはいました。

「WordPressかんたん移行」という便利な機能もあってすぐ移行できるみたいだし、「どうしようかなー」と悩んでいたところにさらに「WordPressテスト移行ーWordPress本番移行前にテストサイトで動作の確認を行う事ができる、WordPressテスト移行の機能も標準搭載している」ということで、これならちょっと試しにやってみようということに決めました。

ちなみに移行にあたっては同じ「エックスサーバーからConoHa WING」ということでこちらの記事を参考にさせていただきました。

参考 他社サーバーのサイトをConoHa WINGへ簡単引越しする手順サバが教えるレンタルサーバー選び方講座

また、当方は海外からブログ運営を行なっています。それに関してはこちらの記事を参考にさせていただきました。

参考 海外からConoHa Wingを使うときの注意点&ブログをHostgatorから移行した感想レビューつくるデポ

ということで実際に移行してみたんですが、作業自体はめちゃくちゃ簡単でした。時間もあっという間。そもそも大した記事数を保有するブログではないので参考にならないかもしれないですが、全行程含め、完全に移行し終わるまでで一時間かかってないと思います。

「WordPressかんたん移行」自体もその方のワードプレスの使用しているプラグインなど環境によってトラブルが発生してしまったりするようですが、こちらは特に問題も起きずスムーズにいきました。(トラブルが起きてしまう条件などについてはリンク先の記事にて詳しく記載されております。)

そもそも現時点ではまだアクセス数が多くないのでPageSpeed Insightsなどでも正しいデータが取得できないんですが、体感的にはけっこう早くなった気がします。

ConoHa WINGだと料金も一ヶ月ごとなのでわかりやすいですね。