Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

かつてポールが住んでいたセントジョンズウッドにある家に行ってみた

Londonに住んでいる自分からするとSt. John’s Wood(セントジョンズウッド)は駐在の日本人の方々に人気のエリアで閑静な住宅街というイメージ。

ということで今回はかつてポールマッカートニーが住んでいたSt. John’s Woodにある家に行ってみました。(実際に訪れたのはロックダウン前です)

レコーディング等でEMIスタジオ(現アビーロードスタジオ)をよく利用していたポールはこの近くに住みたいと家探し、1965年4月にこちらの家を購入。1966年3月にポールはアッシャーの家からここに引っ越しました。

スタジオから徒歩圏内の距離なのでビートルズのメンバーもよくポールの家に訪れ、溜まり場になっていたそう。

最上階は音楽部屋として使い、ここで『Penny Lane』や『Getting Better』、『Hey Jude』などの名曲を生み出しています。 

またビートルズのメンバー以外にもアンディ・ウォーホルやミック・ジャガーなど錚々たるメンツが訪れていたらしい。音楽部屋でポールはミック・ジャガーに何度もジョイントを勧めたとか。

話が前後しますが、ポールとジェーンについて。

ポールとジェーンは1967年のクリスマスに婚約を発表。翌年には共にインドへ。(マハリシのやつですね)

が、ポールは浮気がバレてしまい婚約破棄となってしまいました。

ポールはかなり遊んでいたようですが、めちゃくちゃモテたでしょうね。


ポールは5年に及ぶ交際期間のなかでジェーンからたくさんのインスピレーションを受けました。

『And I Love Her』『You Won’t See Me』『I’m Looking Through You』『We Can Work It Out』『Here, There and Everywhere』などこれらの曲はジェーンとの関係が題材となっています。

7 Cavendish Avenue, St Johns Wood, London, NW8 9JE