Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

ロンドンでコーヒーといえばここ「Prufrock Coffee」

今回は久しぶりにイギリスにあるカフェを紹介。

ロンドンでコーヒーといえば、外せないのがPrufrock Coffee(プルフロックコーヒー)。

Square Mile Coffee Roasters(スクエアマイルコーヒーロースターズ)の豆を使ったコーヒーを提供するコーヒーショップですね。

場所でいうと、Chancery Lane(チャンスリーレーン)駅が最寄りになるのかな。

Central Line懐かしい。

店舗がこちら。

最近改装してリニューアルしたPrufrock Coffee。

この写真、撮っている時には気づいてなくて後からお店に近づいて気づいたんですが、店内の窓際席にあのJames Hoffman(ジェームスホフマン)氏がいらっしゃいます。(すごい偶然)

今はもう店内利用もできるのかな?

この時はまだテイクアウェイのみの営業。

中に入れていないのであれなんですが、使っているエスプレッソマシンやグラインダーはKaffeineと同じでVictoria Arduino Black EagleとMythos Oneだったと思います。

ロンドンにある有名カフェ「Kaffeine」 カフェで使われているエスプレッソマシンやコーヒーグラインダーのメーカーを知る【La Marzocco、Victoria Arduinoなど】

エスプレッソの豆はRed Brickかな、たぶん。

今回はフラットホワイトをオーダー。

美味しかったです。

https://prufrockcoffee.com/

今回紹介するのはイギリスのミュージシャン、Tom Misch(トム・ミッシュ)の『It Runs Through Me』。