Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

渡航後も日本のクレジットカードで口座から引き落としがある人は気をつけるべし

以前このブログに書いたSIMカードについての記事に引き続き、またしても自分の失敗談なんですが。

今回は「日本のクレジットカード」についてです。

まずはじめに自分のお金の持っていった方法ですが、

  1. ソニー銀行のデビットカード
  2. マネパカード

の二種類を用意して行きました。

ソニー銀行のデビットカードは日本の口座に加え外貨預金口座も一緒に持てるのでおすすめです。

ただあくまでもネット銀行なのでスキミングなどトラブルに巻き込まれた際、口座が一時的に凍結されてしまい数週間使えなくなる場合もあるらしいので予備のカードも用意できるのであればしておいたほうが確実かもしれません。

マネパカードはプリペイド式で事前にお金を振り込んでおくことで現地のATMから現金を引き下ろせたり支払いなどにも使えるカードでたくさんの通貨で預金しておけるので非常に便利です。

ただ私は今のところ使う機会がなくて利用しておりません!なのであるに超した事はないですが絶対に必要というわけでもなさそうです。

基本的にクレジットカードの引き落とし先はすべてソニー銀行の口座に指定していました。

そんな状況で渡英して数ヶ月が経ち、ソニー銀行の口座に入っているお金はほとんどなくなりました。

ただ日本にいるときに分割払いで決済したものがいくつかあったので口座からの引き落としはまだしばらく続きます。

口座の残高が残り少なくなってきたのでロンドンから日本の口座に入金しようと思ったんですができませんでした…

イギリスから日本の口座に入金するにはイギリスのキャッシュカードが必要

確かに冷静に考えてみたら日本のキャッシュカードだけで入金なんてできるわけないですよね。

イギリスで口座開設するにはNIナンバー(National Insurance Number)が必要なんですが、私はまだNIナンバーすら手元にありません。

ただでさえNIナンバーを取得するのに時間がかかるのに口座開設はもっと時間がかかりそうなのでしばらくは我慢するしかなさそうです。

日本での預金額に余裕のある方は全く問題ないですが、あまり余裕のない方で渡航後も分割払いなどで毎月引き落としがある方は注意が必要です。

日本の口座はお金を使い切ってしまったらイギリスでキャッシュカードを持っていても入金しようとした場合海外送金扱いになるので手数料などがかかります。

なので余裕のない方は手元に現金があったらそちらのほうから使っていったほうが良いですね。

NIナンバー取得は早めに

口座開設や病院の登録などいろんな状況でNIナンバーは必要になってくるので早めに取得するのがよさそうです。

口座開設も同様です。日本から持ってくるカードはいずれこちらでは使わなくなるのでこちらでキャッシュカードを早めに作ってしまったほうがいいです。

イギリスのキャッシュカードはデビット機能付きのものになるのでとても便利です。

早めに作らないと現金のみで生活するはめになってしまうのでお金の管理などでけっこう苦労します。