Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

イギリスで風邪をひいた時の対処法

イギリスではよほどのことがない限りあまり病院を利用しません。(時間がかかるため)

風邪程度だったら市販の薬で治してしまうのが一般的です。

日本から持ったきた薬があればそれでもいいかもしれません。

ですが、バックパッカー的な考え方で「ある土地で病気になったら現地の薬で治す」っていうのがあります。(科学的根拠はありません)

イギリスの薬は日本のものに比べて強いらしいです。

ただ逆に言えば日本の薬は弱いという事になります。

実際こっちで風邪をひいた時日本から持ってきた薬を飲んでいたんですがなかなか治りませんでした。

ただイギリスの薬を飲んだら一発で治りました。

なので今回はイギリスの風邪薬を紹介したいと思います。

「LEMSIP MAX DAY & NIGHT」

定番のやつ。

TESCOとかでも買えます。

カプセルは通常のタイプとDAY & NIGHTのタイプの二種類があります。

写真に写っているのは後者の方でこちらをおすすめします。

NIGHT用のカプセルはカフェインが含まれていないので夜でも気にせず服用できます。

そしてこれ、あらためて見てみると「COLD & FLU」なんですよね。

インフルエンザをも治してしまうんだろうか。

とりあえず風邪薬としては効果抜群。

「Strepsils Honey & Lemon」
「Strepsils Extra triple action」

いわゆる「のど飴」です。

上が通常のやつで下がより強いやつです。

美味しいのは上ですが、のどの痛みが強い方の場合は下のやつをおすすめします。

これはたぶんBootsで買ったかな。TESCOとかでも売ってるかも。