Kindle Unlimited / 30日間無料体験

ついに仕事ができなくなり外出禁止に。今現在のロンドンの状況をまとめてみる

3月23日の夜にボリス・ジョンソン英国首相が英国民に対して緊急スピーチを行い、新型コロナウィルスの対策として英国全土における外出禁止を指示しました。

外出が認められるのは最低限の買い物や運動や医療上の必要、真に必要な通勤。

基本的にそれ以外の目的での外出は控えるようにとされていてこの措置は23日から3週間実施され再検討されます。

ややこしいのがコロナに感染した際の症状の出方が人それぞれ違うということです。

重度の症状を訴える人もいれば軽度で済む人、またほとんど感じない場合もあるらしく症状がないので感染していないと思っている人でも感染している可能性があるんです。

そういう人たちの中には自分は大丈夫だと思って頻繁に出歩いている人もいるので感染拡大はあとを絶ちません。

外出禁止は自分のためではなく自分がすでにかかっているかもしれないから他の人に感染させることを防ぐために行なっていると認識することが大事だと思います。

というわけでとりあえずこれから3週間は家で過ごします。

スーパーなど生活必需品を売ってる店は営業しているので(本当に感謝しかない)そういった場で働いている方々やリモートで働ける人たち以外は皆仕事がありません。

レストランやパブ、映画館などはすべて閉まっています。

余談ですがここ最近『Quarantine』という単語を覚えました。

Youtubeなどでよく見かけます。「(伝染病予防のために)隔離する」っていう意味みたいです。『Self-isolation』なんかもよくみますね。

正直ロンドンといっても住んでるエリアによって全然違うので一概には言えないんですが、あくまで自分の生活圏内の話としていろいろ書いていこうと思います。

治安に関して

最近は見なくなったけど一時期よく「海外でコロナウィルスによる人種差別に遭いました」みたいなことが取り上げられていました。

実際ロンドンでもそういった事件はありました。

自分も日本に住んでいる友人から心配の連絡があったり。

ただ治安に関しては結論からいうと全く問題はなくて普通に過ごしてます。

個人的な意見としては差別なんてコロナとか関係なしに少なからず常に一定数存在します。

そういった中で幸にも不幸にも差別に出会わない人は出会わないし出会う人は出会います。

その出会ってしまった人たち+実際に起きた事件が大々的に報道、拡散されあたかも「今アジア人が海外にいるのは危険」みたいな感じになってしまったのかなと。

生活面

自分は家で1日過ごすのは苦じゃない派なんですがそれでもその生活が3、4日と続いてくるとだんだんつらく感じるようになってきました。

自らの選択として家にいるんだったら気にならないんでしょうけど「家からでるな」という指示のもと家にいるのはしんどいです。笑

外出たくなりますね。

住んでる人なら共感してもらえると思うんですけど奇しくもこの緊急スピーチでの外出禁止指示以降というもの、ロンドンの天気めちゃめちゃ良いんですよね。

びっくりするくらい毎日晴天に恵まれています。(タイミング悪すぎ)

一時期は買い占めが本当にひどかったです。

未だに除菌ハンドジェルやマスクなんかはなかなか手に入りません。

ただトイレットペーパーに関しては店によって置いてあったりするので少し落ち着いてきたのかなと思います。

街の状況

人通りは本当に減りました。

緊急スピーチ前に一度Oxford Circusのほうに行ったんですけど普段人でごった返してる場所なのに人の数もまばらだし店は閉まってるしで完全にゴーストタウン状態でしたね。なかなか見れない光景でした。

以前まではマスクをつけることができませんでした。

というのも欧米でマスクは一般的ではありません。

マスクする人がいないので欧米人から見るとマスクをしている人は具合の悪い人に見えます。

なので「アジア人+マスク」のルックスで外を歩くのはけっこうハードルが高かったんですね。

コロナをとってマスクをするか、身の安全をとってマスクをしないか悩んでいる人もいました。

ただ今ではもうみんなマスクと手袋をしています。

今回をきっかけに「『予防のための』マスク」があることが認知されるといいなと思います。

日本との比較

緊急スピーチでの外出禁止指示自体は23日でしたが、外出を控えるようにという政府からの指示はそれ以前からありました。

やはりこういった場面での欧米の対応は早いなーと感じました。

しっくりくる用語が出てこないんだけど良い意味でオーバーリアクトというか。

「まずい」と思ったら即座に徹底的に行動にうつします。

外出禁止指示の取り決めからそれに伴う失業、休業する人たちへの給付金の対応などはとにかく早かったです。

日本でも本日自宅自粛するよう要請が出たみたいですね。

世界で起きたような買い占めが日本でも起こるんでしょうか。

今の日本の現状がネットを通してでしか把握できないのでなんとも言えないんですがみんな普通に出歩いたりしてるんですかね。

日本人の多くははそもそも普段から手洗い・うがいの習慣があるので衛生管理の面では他国に比べ意識が高いと思いますがコロナウィルスに対する意識や危機感は日本と世界ではギャップがあるように感じます。

こっちではほとんど人も歩いてないうえにSocial distancingで2m以上は他人に近づけないので東京の人混み映像を見るとゾッとします。

ただこれは仕方のないことなのかなとも思います。

やはり人は住んでいる地域の価値観に依存します。

たぶん自分も日本にいたらまわりに合わせて休むことなく普通に働いてたでしょう。しかも保障がなかったら休めないですもんね。

留まるという選択

日本へ帰国した、もしくは帰国しようか悩んでるっていう人がたくさんいます。

自分はとりあえずは留まることにしました。

空港、飛行機、それまでの間の移動を考えると大勢の人と交差することになるのであまりよろしくないかなと。

また帰ったところで東京はいまだに多くの人が普通に出歩いているみたいなのでだったらこっちにいたほうがマシかもっていうのが正直なところです。

現在はどの航空会社の運行状況も減便や運休したりなどドタバタしていて帰るのがいろいろと大変そうなのでとりあえずは見送ることにしました。(早くに帰国を決断して日本にいる人が羨ましい…)

3週間後現状より少しでも落ち着くことを願います。