The Clash: London Calling展に行ってきた

1979年に発表されたThe Clashの名盤「London Calling」発売から40周年ということでMuseum of Londonにて展示が行われていたので行ってきました。

ということで、いざロンドンミュージアムへ。

もう至る所にこのジャケがありました。それだけ印象的な写真ですよね。「クラッシュといえばこれ!」ていう感じ。

この文字の配置や色はエルヴィス・プレスリーのアルバムのオマージュです。

ポール・シムノンのフェンダープレベ。1979年9月21日ニューヨークのThe Palladiumでのライブの時ですね。まさにジャケのやつです。

日本盤もありました。

かっこいいですね。

写真には収められてないんですが、他にもジョー・ストラマーが使っていたノートやミック・ジョーンズの手書き曲リスト、トッパー・ヒードンのドラムスティックなどがありました。

この展示は来年の四月まで行われているようです。まだ行かれてない方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です