Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

「Hasbean Coffee」で豆を買う【エチオピア / K7】

というわけで毎度おなじみのお気に入りロースター、Hasbean Coffeeで豆を買いました。

『Ayehu』250g £8.00
Tasting Notes: Green mango, dark chocolate, lemon rind, treacle
  • Country: Ethiopia
  • Region: Amhara, Western Gojam
  • Farm: Ayehu
  • Farm size: 500-hectares
  • Varietal: K1
  • Drying method: Raised African beds
  • Drying time: 18-days
  • Processing method: Natural
  • Altitude: 1,750 m.a.s.l.
  • Soil: Sandy loam to clay loam

Tasting Notesに書かれているlemon rindとはレモンの皮のことです。treacleは以前買った豆でも登場しました。

刑務所にある焙煎所?「Redemption Roasters」でウガンダの豆を買う

treacleは糖蜜。珈琲豆を買ってこのように新しい英単語を知れるのは面白いです。果物の種類にも詳しくなるかも。グリーンマンゴーなんてあるんですね、知りませんでした。

ところで、今回はエピオピアのK7の豆を買いました。ブルボン系品種でさび病やCBD(coffee berry disease)に耐性があるK7はケニアやタンザニアなどで見られる品種です。

スコットラボラトリーで選抜された品種で1936年にケニアでリリースされました。

スコットラボラトリー、スコット研究所、スコット農業研究所、などなど様々な訳され方をしますが、これに関してはSL28で軽く触れてます。

コーヒーの品種【ティピカ種、ブルボン種など / 一杯の珈琲ができるまで #2】

K7についてもっと詳しく知りたい方はこちら。

参考 K7World Coffee Research

余談ですが、World Coffee ResearchのウェブサイトではVariety Catalogというのがあっていろんな品種の情報を参照することができます。

というわけでHasbeanの豆の紹介でも書かれているようにエチオピアの品種としてはunusualなK7。タイトルでもわかりやすいようにK7と書いたんですが、一応この豆は「K1」らしいです。(格闘技のK-1を連想されられる)

K1に関しては今回初耳なのであまり詳しく知らないのですが、IKAWA Coffeeで書かれていた情報によるとK7のなかでもGrade 1のものを指すようです。

エチオピアというとYirgacheffe(イルガチェフェ)やSidamo(シダモ)など南部のほうの地域が多いイメージですが、今回のアムハラは北部なのでその点もちょっと珍しいかも。K1、美味しかったです。

https://www.hasbean.co.uk/