Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

シティでおすすめのカフェ「Rosslyn Coffee」

以前ロンドンで有名なカフェ、Kaffeineを紹介しました。

ロンドンにある有名カフェ「Kaffeine」

今回はシティでおすすめのカフェを紹介します。

一応最寄りはMansion House Station(マンションハウス)。ただこの辺りは駅が密集しているのでSt. Paul Station(セントポール)やBank Station(バンク)からも近いです。

そしてそのカフェがこちら。

Rosslyn Coffee(ロズリンコーヒー)。

実はRosslyn Coffeeについては以前ブログでも軽く触れています。

長編1作目『A Study in Scarlet / 緋色の研究』【ホームズシリーズ最初の作品 / ホームズとワトスンの出会い】

ここ最近ロンドンでできたカフェの中では最も勢いのあるカフェのうちのひとつなのではないでしょうか。(Rosslyn Coffeeは2018年オープン)

コーヒーはもちろん美味いんですが、インスタなどSNSを使った宣伝が上手なイメージ。

店内の様子。

La MarzoccoのエスプレッソマシーンにVictoria Arduinoのグラインダーが三つ並んでいます。

カフェで使われているエスプレッソマシンやコーヒーグラインダーのメーカーを知る【La Marzocco、Victoria Arduinoなど】

店内には「Rosslyn Coffee」の名を冠した豆も「Roasted for milk」、「Roasted for filter」、「Roasted for black」の三種類が売られています。ロースト自体はOrigin Coffee Roastersの協力を得ているようです。

大英図書館にある「Origin Coffee」でルワンダの豆を買う

ピッコロを注文。豆は50% Brazil, Fazenda Mariano、50% Brazil, Das Almasみたいです。

美味い。

イギリスからみるエスプレッソベースのコーヒーとミルクの種類【ラテやフラットホワイト / オートミルク、アーモンドミルクなど】

このテイクアウェイカップの色味はRosslyn Coffeeの象徴でもありますね。

余談ですが、店内のBGMではAmericaの曲『A Horse With No Name(名前のない馬)』が流れていました。

Americaですが、イギリスはロンドンで結成されたバンドです。

ドラマ『Breaking Bad(ブレイキングバッド)』にてウォルターが車中ラジオから流れるこの曲を口ずさんでるシーンがありますね。

話を戻しまして今勢いのあるRosslyn Coffee、ここに行けばロンドンのコーヒーシーンを体感できると思うので是非一度訪れてみてください。

https://www.rosslyncoffee.com/