【ワーホリから就労ビザを取って半年】ドイツ・ベルリンに一年半住んでみての所感

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ドイツ・ベルリンでは今月から大きく状況が変化。

コロナによる規制は少し緩和される方向に。

例えば、レストランやカフェといった場所ではマスクの着用義務がなくなりました。

お店によっては独自のルールでマスク着用を義務付けているところもあるかもしれませんが、基本的にはマスクなしでそのまま店内に入れるように。(電車やバスなどの公共交通機関ではマスク必須)

それに伴いワクチン接種証明のためのQRコードを読み取るということもほぼなくなりました。

電車に乗る時以外はほぼマスクすることなく生活できるようになったので、楽といえば楽ですが不安は残ります。

今後どうなっていくかは様子見ですかね。

ところで、タイトルにもあるように自分はワーホリから就労ビザに切り替えて半年が経ちました。

もうすぐドイツワーホリ終了。あっという間だった一年を振り返る ドイツで就労ビザを取得しました【海外移住という夢を実現させた今思うこと】

ドイツ在住歴でいうとワーホリ期間も含めて約一年半となります。

ドイツ・ベルリン現地での就労ビザ取得の流れ【申請から手続き、そして手元に届くまで】

今回は今の心境をまとめようかなと。

ビザが変わろうと日常は変わらない

ワーホリだった頃は「就労ビザで海外生活」という響きがキラキラして聞こえました。

もうそれだけでちょっとしたステータスというか、とにかく羨ましくて仕方なかったです。

海外で生きていく上で必要不可欠な「ビザ」。

ワーホリは期間が限られているのでいずれは帰国のことも考えなければいけません。

その点就労ビザは長い滞在期間が保証されていて更新もできるし、さぞかし楽しいんだろうなと。

しかし実際就労ビザを取って生活してみると、結局仕事自体はワーホリ時と変わらないので生活に大きな変化はなく。

言ってしまえばワーホリの延長みたいな感覚。

長期間の滞在は保証されているものの、基本的にはただただ働く日々。

たまに「この生活を続けていていいんだろうか」という焦燥感に駆られます。

WG(シェア)からアパートにも引っ越して理想の生活環境を勝ち取ったはずなのに、何か満たされない感じ。

ドイツ・ベルリンでWGからアパートメントに引っ越しました【部屋探しでおすすめのウェブサイト】

海外でやりたいことがあって住んでいるのにもかかわらず、だらけてぐだぐだと過ごしてしまう時も。

ドイツという土地柄、気候のせいもあるかも。

冬は暗く、寒くてどんよりとしているのでそれだけで参りそうになります。

そのせいで病んでしまう人も一定数いるらしい。

渡独した直後は頑張って勉強していたドイツ語ももう一年くらい手付かずの状態に。

ベルリンだと最低限のドイツ語さえできれば、あとは英語で十分生活できてしまいます。(仕事にもよるけど)

心機一転するつもりで参考書を買ったばっかりなんですけどね。

ただ最近は少しずつ春らしい陽気となり、また規制緩和によって街は開放的な雰囲気になりつつあるので元気を取り戻してきました。

こういったドイツの寒暖差や空気感も慣れなのかなと思ったり。

以前から抱いていた焦りや不安というのはビザの問題だと思っていたんですが、結局何のビザで滞在していようがあまり関係ないんだなと感じています。

たまに頭をよぎる「帰国」という選択肢

ふとした時に考える未来のこと。

誰しもが考えますよね。

そういうところはやはり根本が日本人というか、ただ真面目な性格なのか(真面目だったら無鉄砲に海外飛び出したりしていないかもしれないけれど)「今という瞬間を楽しめればそれでいい」みたいなことはできず、つい将来のことを考えてしまいます。

長い期間 (4年くらい?)一度も帰っていないせいもあるんでしょうか、度々「帰国したらどうなんだろう」なんて気持ちになったり。

ドイツにずっと住む?

もちろんインターナショナルな環境が好きで海外生活しているわけですが、それでもたまに日本人に囲まれた環境が恋しくなることが多々。

ドイツでは外に一歩出ればアジア人。

でも日本だったら違います。

どこに行っても群衆の中に溶け込めて、日本語だけで生活できたらどれだけラクなんだろうと。

休日でも気づくとぐだぐだと日本のYoutubeを見ていたりして「なんでドイツにいるんだっけ」と思う瞬間があります。

これは自分がベルリンに日本人の知り合いや知人が少ないというのも関係しているのかも。

コロナ渦のなかロンドンからベルリンにやってきて半年間ニート状態だったため、そもそも誰かと知り合うこと自体ほぼ皆無な状況でした。

ドイツに無事入国。ロンドンからベルリンに引っ越しました【イギリスからドイツワーホリを申請する方法】

この辺りはこれから交流が増えてくればまた心境が変わってくるかもしれません。

なんだかんだ言いつつ現状ヨーロッパ生活を楽しんでいる自分

散々いろいろと書いてきましたが、未来のことを一旦置いておけば海外生活楽しいです。

これまでたくさんの記事で紹介しているようにベルリン散策はもちろんのこと、特に旅行。

ドイツの他の都市を訪れたり、外国に行ったり。

ロンドンにいた頃は忙しくてなかなか行けなかったのでようやく欧州生活を満喫できている気がする。

アジア圏は日本にいるうちにたくさんまわったので結構行ったことがあるんですが、ヨーロッパは少ないので行きたい国がたくさん。

今後どうしていくか、については一旦一時帰国してみて考えてみようかなと。

一度数週間か一ヶ月でも日本で過ごせば、また気持ちがこっちに戻ってくることでしょう。

日々いろいろなことについて考えたり悩んだりしていましたが、結論すべての原因は長く日本に帰らなすぎてホームシックになっているだけな気もします。(令和の日本知らない)

というわけで、ざっくりですがベルリンに一年半住んでみての所感をまとめてみました。

とりあえず今年どこかのタイミングで一時帰国し、ラーメン爆食いしようと思います。