Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

ロンドンにあるコーヒーショップ「Workshop Coffee」のテイスティングイベントに再び参加してみた

またまた参戦してしまいました。

Workshop Coffeeのカッピングイベントです。

第一回目の記事はこちら。

ロンドンにあるコーヒーショップ「Workshop Coffee」のテイスティングイベントに参加してみた

イギリス、ロンドンではSquare Mile Coffee Roasters(スクエアマイルコーヒー)に引き続き、Workshop Coffee(ワークショップコーヒー)でもこういったイベントが行われたわけですが、まさかこんなに早いペースで第二回目が開催されるとは思っていませんでした。

スクエアマイルコーヒーの「The World’s Largest Coffee Tasting」に参加してみた【世界最大規模のカッピングイベント】

スクエアマイルの場合はどの豆がどれなのかわからない状態、つまりブラインドカッピングでコーヒーの違いを楽しむ感じでした。

一方のワークショップコーヒーでは事前に豆の情報を知っている状態でカッピングします。

届く豆はその時販売されているフィルター用のコーヒー豆が送られてくるので、自社の扱っている豆を紹介する的な要素が強いのかな。

テイスティングセットみたいなものは様々なコーヒーショップで売られているわけですが、こっちの方がより手軽にいろんな種類の豆が試せるし、イベントとして動画でより詳しく知れるので面白いと思います。

ちなみにこれまで飲んだワークショップコーヒーはこんな感じ。

「Workshop Coffee」でエチオピアの豆を買う【Sidamo, Hunkute】 「The Gentlemen Baristas」と「Workshop Coffee」でディカフの豆を買う 「Workshop Coffee」でケニアの豆を買う【SL28, SL34, Batian & Ruiru 11】 PLOT RoastingとWorkshop Coffeeの豆を入手する【イギリスのコーヒーが恋しい今日この頃】

豆の紹介

それではまず豆のご紹介から。

前回と同様、豆それぞれの解説動画も合わせて書いていきます。

FAMILIA GRANDA / San Antonio, Pichincha, Ecuador

“FRAGRANT & COMPLEX, WE’RE PICKING UP ON FRUITY NOTES OF GUAVA, LYCHEE & MEMBRILLO. A SILKY BODY & BROWN SUGAR SWEETNESS COMPLEMENT A LIME-LIKE ACIDITY.”
  • Producer: Siempre Verde
  • Harvest: July to August, 2020
  • Process: Selectively picked, dry fermented for 18hrs, fully washed and dried on raised beds.
  • Variety: Typica Mejorado
  • Region: San Antonio, Pichincha
  • Country: Ecuador
  • Altitude: 1,600 metres
  • Arrival: December, 2020

V60で淹れてます。

MIRANDA HUAMAN GREGORIA / Huaynapata, Yanatile, Calca, Cusco, Peru

“GENTLE ORANGE ACIDITY RUNS THROUGH A HIGHLY SWEET, CARAMELLY CUP. HONEYSUCKLE & BUTTERSCOTCH FLAVOURS UNDERPIN FRUITY NOTES OF MANGOSTEENS & GREENGAGES.”
  • Producer: Mesapata
  • Harvest: August to September, 2020
  • Process: Floated & manually depulped, fermented in sealed barrels for 39 hours, fully washed, dried on raised beds.
  • Variety: Bourbon
  • Region: Huaynapata, Yanatile, Calca, Cusco
  • Country: Peru
  • Altitude: 2,000 metres
  • Arrival: January, 2020

この豆だけ紹介動画がありませんでした。これから公開されるのかも?

アップされ次第更新します。

EMILIO GOMEZ / El Naranjo, Dipilto, Nueva Segovia, Nicaragua

“EXPECT A VERY SILKY, CARAMELLY CUP WITH A BRISK ASSAM TEA LIKE FLAVOUR. TOP NOTES OF DAMSONS & APRICOT LEAD TO A LINGERING MILK CHOCOLATE FINISH.”
  • Producer: Finca San Antonio
  • Harvest: January to February, 2021
  • Process: Shade grown, depulped & fermented for 22hrs, fully washed, dried on shaded raised beds.
  • VarietyCaturra
  • Region: El Naranjo, Dipilto, Nueva Segovia
  • Country: Nicaragua
  • Altitude: 1,500 metres
  • Arrival: May, 2021

クレバードリッパーで淹れてますね。

KAIGURI AA / Kaiguri, Nyeri, Kenya

“BURSTING WITH TONNES OF RED FRUIT FLAVOURS LIKE HIBISCUS, CRANBERRY & RASPBERRY, EXPECT A CRISP, JUICY CUP. AROMAS OF LIME ZEST LINGER IN AN ELEGANT FINISH.”
  • Producer: Mutheka Farmers’ Cooperative Society
  • Harvest: January, 2021
  • Process: Traditionally depulped & fermented overnight, fully washed & soaked, dried on raised beds.
  • Variety: SL28, SL34, Batian & Ruiru 11
  • Region: Kaiguri, Nyeri
  • Country: Kenya
  • Altitude: 1,700 – 1,800 metres
  • Arrival: May, 2021

LA SERRANIA DECAFFEINATED FILTER / Pitalito, Huila, Colombia

“WONDERFULLY SWEET & CLEAN, LOOK FOR NOTES OF CHERRY JAM, MOLASSES & PRUNES. COMFORTING MILK CHOCOLATE LEADS TO A FINISH REMINDING US OF CANDIED WALNUTS.”
  • Producer: 38 families in Pitalito
  • Harvest: November, 2020
  • Process: Hand-harvested, depulped & dry fermented, fully washed & E. A. sugar cane decaffeinated.
  • Variety: Caturra, Castillo & Colombia
  • Region: Pitalito, Huila
  • Country: Colombia
  • Altitude: 1,500 to 1,750 metres
  • Arrival: February, 2021

今回のイベントを通じて

ホームページにあったテイスティングセットの商品紹介画面では4つの豆でしたが、実際豆が届くとサプライズでディカフの豆が混じっていました。

というわけで5つの豆をカッピング。

今回のイベントも非常に面白かったです。

豆の違いはわかったとしても、それをそれぞれどう言葉にしていいかがわからない方は多いと思います。

そのコーヒー豆から何を感じるかは人それぞれですが、動画ではドライの段階からそれぞれの豆を言葉で表現してくれるので勉強にもなったり。

もしかしたらこれからはフィルター用の豆のラインナップが変わる度にこういったイベントが行われるかもしれませんね。