Audibleの朗読で19世紀末英国ロンドンの世界へ【英語でシャーロックホームズ】

【ロンドンの人気コーヒーロースタリー】Workshop Coffee / PLOT Roasting / WatchHouse. / Assembly Coffeeのコーヒー豆をThe Right Roastでカッピングする

これまでにもご紹介してきたThe Right Roastのテイスティングサブスクリプション。

【ヨーロッパ拠点のコーヒーロースタリーの豆をカッピングできるサブスクリブション】「The Right Roast」で豆を買ってみた The Right Roastの豆が届いたよ【Kawa Coffee / Toma Café / The Good Coffee Cartel / Bugan Coffee Lab】 The Right Roastのカッピングで「北欧コーヒー」を堪能する【Prolog / Jacu / Frukt Coffee Roasters / Kafferäven Per Nordby】

欧州の様々なコーヒーロースタリーから毎回テーマに沿って豆4種類が自宅に届くサービス。

今回届いた豆たちがこちら。

テーマはずばり、”LONDON”。

ロンドンといえばスペシャルティコーヒーの文化が盛んな都市。

ベルリンとは比べ物にならないくらい、それはもうたくさんのコーヒーロースタリー、コーヒーショップがあります。

元ロンドン在住者がThe Global Coffee Festival 2020(グローバルコーヒーフェスティバル)を簡潔に振り返る

元イギリス在住者としてはテンション上がる。

ロンドンということでスクエアマイルコーヒーロースターズのGriffinとともに撮ってみたり。

知らない人からしたらなんのこっちゃようわからんと思いますが、よりイギリス感が増した気がします。

選ばれたコーヒーロースタリーは錚々たる面々。

以前に動画でも紹介されているのでそちらもよかったらチェックしてみてください。

今回はそれぞれのロースタリーがフィルターコーヒーのレシピを紹介しているのでその動画とともに豆それぞれ見ていくことにします。

ロンドンの人気コーヒーロースタリー

01.【Workshop Coffee】『Miranda Huaman Gregoria』

  • Country: Peru
  • Region: Cusco
  • Variety: Bourbon
  • Process: Extended Fermentation
  • Altitude: 2000m

まずはWorkshop Coffee(ワークショップコーヒー)。

当ブログでは何度も登場しています。

「Workshop Coffee」でエチオピアの豆を買う【Sidamo, Hunkute】 「The Gentlemen Baristas」と「Workshop Coffee」でディカフの豆を買う 「Workshop Coffee」でケニアの豆を買う【SL28, SL34, Batian & Ruiru 11】 PLOT RoastingとWorkshop Coffeeの豆を入手する【イギリスのコーヒーが恋しい今日この頃】 ロンドンにあるコーヒーショップ「Workshop Coffee」のテイスティングイベントに参加してみた ロンドンにあるコーヒーショップ「Workshop Coffee」のテイスティングイベントに再び参加してみた

大好きなコーヒーショップの一つ。

イーストロンドンのHackney(ハックニー)にロースタリーを構えており、コーヒーショップは4店舗あります。

ワークショップコーヒーではおなじみの豆の詳細が書かれたカードもついてきました。

こういうの嬉しいですよね。

豆はペルーのブルボン、ウォッシュト。

ここのロースタリーの豆はWashed Processが多いです。たぶんナチュラルとかは扱っていないかな。

ワークショップのコーヒーはいつもクリーンかつ、フルーティであったり複雑で繊細な味わいという印象。

02.【PLOT Roasting】『Maria Eugenia Escobar』

  • Country: Guatemala
  • Region: Chimaltenango
  • Variety: Pache
  • Process: Champagne Yeast Natural
  • Altitude: 1550 – 1970m

続きまして、PLOT Roasting(プロットロースティング)。

プロットも何度か紹介しました。

PLOT RoastingとWorkshop Coffeeの豆を入手する【イギリスのコーヒーが恋しい今日この頃】 サウスロンドンのウーリッジにあるコーヒーロースタリー「PLOT Roasting」の豆を手に入れる【エチオピア / グジ】

ロンドンはWoolwich(ウーリッジ)にあるコーヒーロースタリー。

コーヒーショップはなくロースタリーだけなので認知度は低い方かもしれません。

こちらも非常に大好きなロースタリー。

しかもしかも、届いてびっくり。ずっと飲みたいと思っていたChampagne Yeast Naturalのコーヒー豆でした。

こんな偶然あるんですね。

03.【WatchHouse.】『La Cinta』

  • Country: Colombia
  • Region: Tolima
  • Variety: Caturra
  • Process: Natural
  • Altitude: 1700m

続いて、WatchHouse.(ウォッチハウス)。

ロンドンはBermondsey(バーモンドジー)にロースタリー兼ショップ、他7店舗を構えています。

WatchHouse.は残念ながら行ったことないんですよね。これだけたくさんのコーヒーショップが街中にあったというのに。

逆に言えばこれまで試したことのないロースタリーの豆をこうしてベルリンで飲めるというのもThe Right Roastの良いところの一つですよね。

04.【Assembly Coffee】『Bombe』

  • Country: Ethiopia
  • Region: Sidama
  • Variety: Heirloom
  • Process: Washed (Dry Fermentation)
  • Altitude: 2200m

最後に、Assembly Coffee(アセンブリーコーヒー)。

以前ちらっと紹介しました。

サウスロンドンにある街「ブリクストン」をまわる【Assembly Coffee x Volcano Coffee Works / デヴィッドボウイが生まれた地】

Assemblyはサウスロンドン、Brixton(ブリクストン)にあるコーヒーロースタリー。

Assemblyの豆を扱っているコーヒーショップはロンドンにたくさんあるので知らないうちに飲んだことある方もいるかもしれません。

最後に

というわけでカッピングしたんですが、どの豆もそれぞれ際立った良さがあって最高でした。

二年間ロンドンに住んでいましたが後半はロックダウンなんかもあったりして、まだまだ訪れたことのないコーヒーショップってたくさんあるんですね。

ベルリンにいたらいつでもいけそうなイメージですけどロンドンとなると意外とそうでもなくて。

というのも、ロンドンって空港こそ多いですけどほとんど市外なんですよ。

安いチケットを探そうとするとヒースロー空港ではなくてスタンステッド空港になったりするんですが、長時間のバス移動が面倒すぎて個人的にはそういったルートはあまり使いたくないんですね。

だいぶ話が脱線してしまいましたが日本と同じくらいイギリスにも一度帰りたいです。会いたい人、食べたいもの、やりたいことなどなどたくさんありすぎて。

とにもかくにも、ロンドンは美味しいコーヒー屋さんがたくさんあるのでイギリス在住の方は是非試してみてください。